• ohshima8

アナログ的に手作り

最終更新: 7月21日


MADOでは、ほとんどのモノが手作り。布団のシーツや机、カウンターなどお金を極力かけずに手作りです。

元アパレルデザイナー(テキスタイルデザイナー)の女将は、縫製もできます。ミシンでカタカタなんでも縫ってしまいますよ!

こちらは、カトラリーケース。まり木綿の生地を使って、カタカタ・・・。

こんなものも自作です。わらをトントン叩いて、作ったオブジェ。開業当時から飾っていますが、今なお、通りを行き交う人に注目されます。

そんなMADOで、手作りを合言葉に開催されている「MADOマルシェ」第5回目が開催されます!

次回、3月11日(土)にMADOマルシェに出店する人たちを紹介。

まず手作りといえば・・・そうこの人たち自然栽培農家の「つむぎて」。

農薬はもちろん、肥料も与えずに土を育て、種をつないで栽培された野菜は、本当においしいのです。この野菜(みんなの真ん中に生えている野菜)なんだかわかります??

ほうれん草です。雑草に守られながら、いえ共生しながら育っています。これが、本当にびっくりするほど甘いのです。。。

今回のマルシェでも若手絞りクリエイター衆「IST」がワークショップをしますよ。今回は、「和紙を染めてオリジナルシールを作ろう」と題して、スキャンカットを使って好きな図柄に染めた和紙を切り抜くそうです。

ゲストハウスを営んでいると、自然体に生きている多くの人たちに出会います。そんな出会いをつむいで・・・次回マルシェでは、「食」にこだわって、色々な人を呼んでいます。

カレーを作るのが上手な人、パンやクッキーを焼くのが上手な人、コーヒーを焙煎して淹れてくれる人、お弁当を自転車で売り歩く人などなど・・・(秘密兵器が、長野諏訪方面からやってくるかも)。素敵な人たちが、MADOに集まってくれます。

作るって本当に楽しいですね。みんな手作りのモノを自分の手で販売してくれます。ゆっくりとした時間の中で、古い町並みの中で、人とふれあいながら飲み食べしてみてください!

MADOは、みんなが集まる集会場。勝ち組負け組の既存の経済では語れない、共生しながら自立する人たちが集まってきます。

さぁ!次回マルシェも楽しくなりそうです!

次回マルシェは、3月11日(土)10:00~15:00にて、有松西町近辺(MADO周辺)にて開催。皆さん来てくださいね~!


​GUESTHOUSE MADO

​5000円〜/1部屋1人利用

​1部屋のご利用人数によって料金が変わります。​
1棟貸しも出来ますので
ご相談ください

チェックイン16:00〜21:00

​チェックアウト翌朝10:00

052-746-5946

​愛知県名古屋市緑区有松924

+81-52-746-5946

​924Arimatsu,Midori-ku,Nagoya