• ohshima8

自然体に生きるって?

最終更新: 7月21日


MADOに集まる人々は、自然体な人が多いです。まったり、ゆったりした感じ・・・

ゲストハウスに集まる人達だからかなぁ?みんな気持ちがリラックスしているのです。効率一辺倒な現代社会から、ちょっと距離を置いて。

この二人もそうです。話しているとなんだか優しい気持ちになっていくのです。不思議な魅力があるのですよ。

二人とも料理をするのが大好きなのです。作ることが好きなんですね。

Gachaさんは、カレー作りの名人。スパイシーでうまみのあるカレーを作ってくれますよ。

SAPONさんは、ふんわり包み込むような洋菓子やパンを焼きあげてくれます。

自分の心に正直に行動して、それを糧に生きてゆく。理想だなぁ・・・と思っていると、そこは好きだからこそ手を抜けない。しっかりと自分を表現する術を磨いていく、彼ら彼女らの姿も見えてきます。

MADOマルシェ出店を前に、現地視察にはるばる来てくれたのが、ご存知チャリ弁さん。

忙しい時間を縫って、南知多から来てくれました。出店する場所を把握して、どんなお客さんが来場するのか、どういう志向でマルシェが開催されるのかなど、お弁当を作るための方向性をしっかりと確認して、マルシェへ向けて弁当メニューの考案をしてくれています!

Gachaさんは、SNS発信のための写真撮影ですよ!マルシェでカレーを作ってくれるだけでなく、より広く皆に味わってもらえるように、告知にも手を抜きません!

短い時間でしたが、精いっぱい楽しいお話をして、手慣れた感じで看板を書き、写真の構図を考えて撮影。笑いの中に真剣さが見え隠れする、それこそ自然体だからこそ際立つ気合を感じました。

既存の社会システムから、少し距離を置いて生活するとそれはそれで大変ですよね。その大変さをよくわかっているから努力を重ねているのだと思います。ただし、その努力を楽しみに変える何かを持っているのが彼らなのです。だから、見ていて自然体なのでしょうね。

MADOには、なにやら自然体の人々が集まり始めています。そんな人たちと、3月11日 第5回MADOマルシェを開催します。小さく始めてコツコツやっているマルシェ。

そんなMADOマルシェも5回目となりました。

今回は、「有松西町を食べ歩く」がテーマ。食べ飲みできますよ!

はるばる諏訪から秘密兵器ポン菓子ポンちゃんもやってきます。

ワークショップも開催されます。内容盛りだくさんとなったMADOマルシェへ是非!


​GUESTHOUSE MADO

​5000円〜/1部屋1人利用

​1部屋のご利用人数によって料金が変わります。​
1棟貸しも出来ますので
ご相談ください

チェックイン16:00〜21:00

​チェックアウト翌朝10:00

052-746-5946

​愛知県名古屋市緑区有松924

+81-52-746-5946

​924Arimatsu,Midori-ku,Nagoya