• ohshima8

なんだかおもしろいことになってきた


MADOは、ゲストハウスです。何をいまさら!ですが、これが楽しいんです。

色々な人が集まってくるのです。それも混じりけのない感性を持っている人たちが・・・。

皆が集まると、それは楽しいパーティーのよう。混じりけのない人たちは、素の自分で語り掛けます。だから、すぐに仲良くなっちゃう。

なんだか社会人になると、みんな勝ち組、負け組のような鎧を着て生きている感覚がありませんか?社会から振り落とされないように、好むと好まざるとに関係なく。

けど、ゲストハウスに集まる人は、違うのです。一皮むけてる・・・?いやもともと皮がついていないのかなぁ??

「素」なんです。そのままの自分を表現するから、見ていて、話をしていて気持ちいい。

みんな社会の中での効率やら競争やらに疑問を感じて、自然に今の素直な生き方を選択してきたのだと思います。素直な自分をそのまま出せるから、楽しみ方も半端なく上手です。

自分の想いをそのまま表現しているから、伝わりやすい。そう、伝わるのです。想いが。

弁当という手軽に楽しめるアイテムを作り始めて5年。誰もが楽しめるさりげない味から彼の弁当に込める意気込みや想いが、しっかりにじみ出ているチャリ弁さん。いい男なんだなぁ。

前回のMADOマルシェの開催日は、3月11日でした。東日本大震災から6年目の日です。小さな支援ですが、チャリティーをしたいとポン菓子を打ちに長野県の諏訪からやってきたのは、ポン菓子ポンちゃん。ポン菓子をポンポン一生懸命打って販売して、支援のために汗をかいていました。

小さな支援ですが、暖かく人を支えようとする気持ちが周りの人に伝わって、心を和やかにしてくれます。そうするとそこに気持ちのいい輪が生まれてくるのです。

MADOには今、楽しい人がどんどん集まってきます。なんだかおもしろくなってきました。

一見すると変な人なのかもしれません。自慢のさぬきうどんを打つために香川から来てしまったり、カレーを皆に楽しんでもらいたい一心でスパイスを持ち歩いていたり、うれしい顔が見たいから優しいケーキを焼いていたり、ほっとしたひと時のためにコーヒー豆を自分で焙煎したり、町づくりのために役所をやめて頑張っていたり、伝統工芸を日常に取り入れるために試行錯誤していたり、やっぱりDJはやめられなかったり。そんな風変わりなことを一生懸命にひたむきにやってる人が集まるのです。

MADOは、ゲストハウスです。ゲストハウスは交流の場。

今週もまた人が集まってきます。

今週は、ほら


​GUESTHOUSE MADO

​3000円/1泊

​夏季冬季は1泊3200円になります。

チェックイン16:00〜21:00

​チェックアウト翌朝10:00

052-746-5946

​愛知県名古屋市緑区有松924

+81-52-746-5946

​924Arimatsu,Midori-ku,Nagoya