• 大島 一浩

ゆっくりだけど確実に前に進んでいます!


以前のブログにて、こしらえるをテーマにした場を作るとお伝えしました。

「こしらえる」をテーマに、もう一つの場を作ろうと思います

あれから

徐々に内容が固まりつつあります。(ようやく・・・汗)

MADOに集まる仲間と話しているうちに、雜混(ゾッコン)というお酒ができました。すっきりとして深みのある自然酒です。

それが楽しくてしょうがなかったので、次のことをやり始めます!

メンバーはもちろん、自然栽培家の杉山氏、青木氏、MADO女将と私です。

次のことって??

前回のブログでは「こしらえるをテーマにした場」を作ると宣言していました!

そうなんです。なんでもこしらえていると心が温まってきて、い~気持ちになってくることがあるのですよね。

野菜は、無施肥、無農薬!

料理は、発酵を基本とした時間をかけたもの

お酒(ゾッコン)は、生酛造りと精米歩合90%

などなど、自然に寄り添いながら、自分たちでこしらえることを基本にMADOを立ち上げてから3年間過ごしてきました。

だから、こしらえるをテーマにしたいのです!

とあれこれ考えていたところ、こしらえるのは何か?という話になってきました。

何をこしらえるの?

そうなのです。何を造るのか。それは・・・

 お酒!

どぶろくや果実酒を造っちゃおうって話になったのです!

え・・・? お酒って勝手に造っていいの??

日本には酒税法があり、お酒は家庭用などでも勝手に作ってはならないのです。

「じゃ、違法じゃん!」という声が聞こえてきそう。

 いいえ、酒造免許を取るのです!

前回は酒販免許、そして今回は酒造免許です。一文字しか違わないけれど、これが大違い!

どうやって酒造免許を取っていくのか?

乞うご期待!

さて、お酒だけ造っていればいいのか?・・・

これが、大きな問題なのです。

メンバーで何度も何度も話し合いました。

レストラン??農家民泊??グリーンツーリズム??

どれも、合っているようで、少し違う・・・そんな思いがみんなにあったのです。

農とかかわる場を提供する

これが、今回われわれのミッション!

畑や田んぼと皆さんをマッチングします!

色々な仕掛けを考えていて、

収穫後は、どぶろくにもなるし、ゆくゆくはワインにも挑戦?!

みんなで作って

みんなで食べる!

農家(無農薬、無施肥)

ゲストハウス(古民家)

この組み合わせが、絶妙な居場所を作っていきます!

そこで現在、

一緒に前に進む仲間を募集しています!

農家として修行したい人、みんなで集う場所を運営したい人

何でもかんでも、関わりたい人

とにかくおいしい収穫物が食べたい人

夫婦での仲間入りも歓迎です。

農業研修生を募集します

希望により住み込みも可能です。

農業という枠から「農」という本来の営みへ

わくわくどきどきしながら一緒に前へ進みましょう!

連絡をもらえれば、もっと詳しいお話をします。

メッセンジャーを利用してもいいし、eメールでも構いませんよ~!

mail : mado@gmail.plala.or.jp

24時間以内に、返信をします。是非!


​GUESTHOUSE MADO

​3000円/1泊

​夏季冬季は1泊3200円になります。

チェックイン16:00〜21:00

​チェックアウト翌朝10:00

052-746-5946

​愛知県名古屋市緑区有松924

+81-52-746-5946

​924Arimatsu,Midori-ku,Nagoya