東風凍りを解く(とうふうこおりをとく)

立春を迎えましたね! 

もう春です!! 

寒くても、、、春です!!

気持ちは春でいきましょう〜♪ そして、旧暦では立春から一年の始まり。


日本には一年を二十四の節目に分けた二十四節気と

さらに一つの節気を三つの候に分け季節感を表現した七十二候があります。

コロナで内ごもり気味の昨今、

季節を感じ自然と寄り添う暮らしの大切さを感じています。

七十二候は季節の表現がちょっと古臭いけど味わい深いので、

私なりに咀嚼して季節を感じて暮らしてみようと思います。


東風凍りを解く 暖かい春風が吹いて氷が溶け出す頃を表しています。


もう春が始まりますよ〜♪ってことですね! 身近では、寒くても小さな草花は春の気配を感じて動いてますよ〜ってことで。 でもまだ我が庭には花の気配はない。。。想像でもいいかってことで。。。 スノードロップを描いてみました。

何十年ぶり?に水彩絵の具を引っ張り出して。。。 時候の稚拙な絵:女将作

絵葉書に描いたので誰に出そっかなあ〜? 日常の中で筆を持って描く時間って結構いいものですね。


もうひとつ、この時期に気になってくる食材が『しらす』です。『じゃこ』とも。 南知多ではしらすの水揚げ高が日本一だとか。 2月のしらす漁解禁時に食べれる南知多の生しらす丼は絶品です。

今年は食べれるかなぁ〜?




七十二候 | mado cafeレシピ


春色しらすご飯

しらすはそのままでも美味しいのですが、 ちょっと春に拘って彩にひと手間かけました。


1)しらすを梅酢につけておく

 (梅酢は梅干しをつけた後の汁) 2) 大根菜は湯がいて刻み塩を加えご飯と混ぜる。

3) 色づいたしらすを大根菜飯のせて出来上がり しらすは小さくてもカルシュウムやたんぱく質が豊富です しらすが苦手でも梅酢の酸味で食べやすくなります。 mado cafeは緊急事態中の現在はお休みしておりますが、

再開したら『野菜たっぷり発酵ごはん』に季節の七十二候レシピを加えていきたいです。

では、また次候         〜MADO女将






​最新記事

​特集記事

近日公開予定
今しばらくお待ちください...

​アーカイブ