梅の子黄ばむ(うめのみきばむ)

梅の実が黄ばんで熟す時節 / 芒種:末候・第27候


今年は梅の実の収穫時期が早く、すでに梅仕事が終わった方が多いのではないでしょうか? 私も残すは梅雨明けの天日干しのみとなりました。 毎年、梅ジュースと梅干し数種を4~6kg漬け込むのですが、その中で数年間を越す梅もあります。


『時間が仕事をしてくれる』ってやつです。


特に梅干しは塩味のカドが取れ、経年と共に円やかな味になります。 昨今は減塩梅や甘味を加えた梅が主流の為、塩を20%の梅干しは塩辛すぎて敬遠されていますが、この梅が3年以上経つととても良い塩梅になるのです。 20%塩のみで他には何も入れないのですが、梅本来の防腐効果もあり、塩と梅の味が円やかに調和した梅干しで、懐かしい味でもあり、私は好きです。


そう、大切なのは塩梅。 塩梅とは味・様子・具合を表す言葉として使われていますが、語源は梅酢から。

梅酢の梅と塩のバランスが良いと「ええ塩梅(按配)じゃ」と言うことなのですね。 塩梅=バランスが良いという意味。


昔の梅干しを上手につけるコツは梅と塩のバランスがとても大事だったのですね。 今年の梅も美味しくなりますよーに! 時候の稚拙な絵:女将作


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅の有名な産地といえば和歌山ですね。 以前、和歌山に行った時に教えてもらった [幻の梅リキュール / 星子]の味がとても気に入り、自宅の梅ドリンクで再現できないか挑戦してみました。

梅と一緒にハーブを漬け込むという作り方です。

本来の星子の味とは遠いのかも知れませんが、数種類のハーブを試した中で一番の自己満足的味はコレ!です。


七十二候 | mado cafeレシピ 梅ドリンクハーブ風味 (カフェでは季節のジュースとしてお出ししています)

1) 青梅のヘタを取り梅と同じ重さの氷砂糖を消毒した瓶に入れて、数日間砂糖が溶けて梅から水分が出るのを待つ。

(その間、1日一回は瓶を降って空気を入れてくださいね)

2) ホールの状態のカルダモンとグローブをすり潰しておく。

3) 水分が上がってきたら、お茶パックに入れた2)のハーブを入れる。 4) 数日間漬け込んだら梅シロップの完成です。


召し上がるときは炭酸水かお水で割って飲んでください。

上記のハーブにシナモンを加えるとホットで飲んでも美味しくなりますよ。 また、ブラックペッパーを入れるとちょっと大人の味に。


お好みで色々ハーブを試してみてくださいね〜♪


ではまた次候  〜MADO女将

​最新記事