牡丹華く(ぼたんはなさく)

牡丹の花が大きく咲き誇る頃 / 穀雨:末候・第18候

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」若き美しい女性の比喩、牡丹の花が咲く頃です。


日本ではあまり馴染みの無い牡丹ですが、中国では国花の花で中国人は大好きです。

この時期中国の人はこぞって牡丹園に花見に行きます。 

日本の桜の花見のようにレジャーシートを敷いて宴会はしませんが、写真撮影会と化します。

我的我的・・・とこぞって花壇に入り、牡丹を自分の顔の横に引き寄せ花と一緒に「はいポーズ!」

大きな丸がふたつ。。。牡丹と顔。。。

花は大きいほど良しとし、色は派手な赤ほど良しとする中国人の好みは、「桜が地味でつまらない」というのも頷けます。 牡丹好きと桜好きの違いはそれぞれの国民気質の表れでしょうか?


いずれにしても花の命は短くて。。。ヒトに置き換えると怖い話で。。。

何処のお国においても、経過年数により、

「立てば姥桜、座ればペンペン草、口を開けばどくだみ草」とならぬように。。。自己啓発!




ところで、

キャベツ、ブロッコリー、コールラビ、ルッコラ、カブ、大根のご先祖様が一緒って驚きませんか??

全てアブラナ科の野菜です。

大根だけがアブラナ科の大根属で、他はアブラナ科のアブラナ属です。 ブロッコリーもキャベツも??


この時期に野菜が塔が立ち、小さな十字形をした花が咲き始めると、

あれ?とこの野菜もアブラナ科だったのか。。。と気付きます。


そこで調べてみました、ご先祖さま系譜。

生物分類階級的に言うと界ー門ー網ー目ー科ー属ー種で進化を分類できるようです。

植物だとアブラナ科の野菜は / 植物界ー被子植物門ー真正双子葉類網ーバラ類ーアブラナ目ーアブラナ科ーアブラナ属

動物だと 私たち人間は/ 動物界ー脊索動物門ー哺乳網ーサル目ーヒト科ーヒト属ーサピエンス種


う〜ん、複雑でピンとこない。。。

ヒト科からチンパンジー属とゴリラ属、ヒト属に分かれたので、チンパンジーと人の違いと同じくらいにキャベツと大根の違いがあると言うことでしょうか???


時候の稚拙な絵:女将作

あぶら菜のご先祖さまからそれぞれに。 ・葉の大きな個体から選抜栽培されキャベツケールが生まれ、

・蕾と花茎の変異からブロッコリーカリフラワーになり、 ・肥大した茎を食べる形でコールラビになり、

・葉芽の変形から芽キャベツになりました。


生物の進化って凄いですね〜


今回の気付きはこれからでした〜♪

キャベツ内部で茎と花が成長し、まもなく葉を破って花を咲かし子孫を残す準備に入る状態です。

キャベツの花はあぶら菜(菜の花)と類似しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



七十二候 | mado cafeレシピ


春キャベツのスタミナ漬け (穀雨のランチメニューの一つです) だんだん日差しが強くなり暑さを感じる頃に、さっぱりながらスタミナも付くキャベツ料理です。

1) 春キャベツを刻み軽く塩をふる。

2) 1)がしんなりしてきたら、刻んだ黒にんにくを入れ、塩昆布と米酢を適量加え浅漬けにする。


健康の為に黒にんにくは食べた方が良いのですが、黒にんにくの塊は食べにくい方が多いので、刻んで調理してみました。

お客さんから「この黒いのなんですか?」とよく聞かれます (笑) しっかり食べて元気を維持し、コロナウイルスに負けないで過ごしましょう〜 ではまた次候  〜MADO女将

​最新記事

​特集記事

近日公開予定
今しばらくお待ちください...

​アーカイブ