雀始めて巣う(すずめはじめてすくう)

すずめが枯れ草や藁を集め巣を作り始める頃 / 春分・初候 第10候 二十四節気の「春分」になりました。

春分といえばお彼岸。「暑さ寒さも彼岸まで」って言葉があるように、本格的な春到来です。

昼と夜の長さが同じことでも知られていますよね。


仏教では「彼岸」は極楽浄土のゲートが開く日とされており、太陽信仰では豊作を太陽に祈願する「日願・ひがん」であり、一緒になって現在の彼岸があるそうです。

そういえば、中国に住んでいた時は仏教はあれども彼岸のお墓参りの風習はなかったです。


時候の稚拙な絵:女将作


最近、すずめが蒔いた種をつつきに来てくれます(苦笑) この子たちも巣作りを始めるのかなあ〜

すずめって身近な小鳥ですが、最近数が凄く減っているそうです。

共存している生き物が減ってしまう環境は、ヒトにも良くないハズ。

お互いのために、身近な暮らしから環境のことを留意し、生活していきたいですね。


ところで、すずめの年齢って顔に出るそうです。

歳を重ねると目の下に黒いクマ?が。。。

なんか気になる?。。 あるある現象。。。 要注意!ってことか。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




人間同士に相性があるように、野菜と私にも相性があるのです。 いつも芽キャベツはもそっぽ向いて実をつけてくれないし。。。

ローズマリーは絶交状態。。。


そんな私でも相思相愛は。。。。ルッコラ〜♪ 仲睦まじい関係は10年以上続いており、ほったらかしでもスクスク育ってくれます。

しかも春と秋の2毛作。

私のカラダの鉄分はこの子たちから出来ている??

ゴマのような風味と少し辛味と苦味を感じますが、栄養価は高くカルシウムと鉄分、ビタミンCが豊富です。 特に採りたては辛いので、カフェでは1日置いたものをお出ししています。

でも私は採りたての辛いルッコラをパクバク頂いています。 私の食べ方で一番好きなレシピをご紹介しますね! 超簡単レシピです。 七十二候 | mado cafeレシピ


ルッコラとバルサミコのもりもりサラダ

1) 生のルッコラをちぎって盛り付け、バルサミコ酢、オリーブオイル、粉チーズをかけて完成!


めっちゃ簡単! ルッコラの辛味や苦味がオイルと酢の酸味で調和され、チーズでコクが増します。

ルッコラが手に入ったら、試してみてくださいね。

もりもり鉄分とカルシュウムの補給になりますよ〜♪



ではまた次候    〜女将

​最新記事